経過の重要性

健康になる為には、病気を経過させる事が重要です。
病気になり治るというプロセスを経験すると、その病気に対する免疫が獲得され
より丈夫になります。
ただ、現代の人はプロセスを薬で止めてしまう為、より弱い身体になっているようです。
特に抗生物質は腸内細菌のバランスが崩れて免疫が格段に低下します。
その為
風邪を引く→抗生物質を飲む→免疫が下がる→また風邪を引く→抗生物質を飲む→またまた風邪を引く→抗生物質を飲む→いつも具合が悪いというループにはまっている人が結構います。

ちなみに私は風邪で病院に行く事も薬を飲む事もありません。
それで丈夫なのか一度もインフルエンザにかかった事もなく、一年中調子良く過ごせています。